マークシート

大学受験における芸術系科目の学習方法

芸術系の学部・学科の大学受験は、多くの場合学力試験と実技試験が行われます。

大学のレベルが上がれば上がるほど、学力・実技ともに求められる水準が上がります。

但し芸術系の学部は実技がある分、学力試験のレベルはその他学部に比較して若干低くなることが一般的です。

学力試験の学習方法は他の学部と変わりありません。

受験科目を確認し、基礎学力の向上や、過去問等で対策を行います。

実技試験についてはターゲットとする学部・学科にもよりますが、日々の練習を継続し、技を磨き続けることが重要です。

その上で、課題が明らかになっている場合は事前に先生と準備を進めます。

当日まで課題がわからない場合でも、例年の傾向から想定問題を作成し、準備を進めることが可能です。

芸術系の学部専門の塾も数は少ないですが、存在します。

それらの塾は各大学の過去問や傾向を分析し、過去の合格者のレベル等を把握していますので、受験前にそれらの塾に通うことで、自分のレベルを図り、適切な対応を図ることが重要です。